ヨーロッパアルプス

ヨーロッパアルプス

コルチナダンペッツオの旅 “МEUBLE OASI” 

 “МEUBLE OASI”  “コルチナダンペッツオ” は、1956年に “冬季オリンピック” が開かれ、次回2026年に、70年ぶりに “ミラノ” と共催で、2回目の冬季オリンピックが開催予定になっています“ドロミテ” 地方には
ヨーロッパアルプス

“コルチナダンペッツオ” の旅 “トレ・チーメ” (ドライ・チンネ)

 “トレ・チーメ” (ドライ・チンネ) “コルチナダンペッツオ” は、1956年に “冬季オリンピック” が開かれ、次回2026年に、70年ぶりに “ミラノ” と共催で、2回目の冬季オリンピックが開催予定になっていますドロミテ(ドロ
ヨーロッパアルプス

“コルチナダンペッツオ” 次回冬季オリンピック開催

コルチナダンペッツオ “ロカテッリ小屋” “北京オリンピック” が様々な批判の中で開催され、様々な問題を残したまま終わりましたそして次回、4年後の開催地は、イタリアの “ミラノ” と “コルチナダンペッツオ” の2都市での開催です正
ヨーロッパアルプス

ブライトホルン ツェルマット 4

ブライトホルン頂上からのマッターホルン “24時間テレビ“ は、残念でしたが、実はこの “ブライトホルン” にわれわれは、登ったことがあります“クラインマッターホルン” の展望台から、かみさんと2人で眺めていました。双眼鏡で、何度眺
ヨーロッパアルプス

クラインマッターホルン ツェルマット 3

ブライトホルン ゴルナーグラート側から ツェルマットには “ゴルナーグラート” と並んでもう一つ大展望台があります。ロープウェイを乗り継いで行く “クラインマッターホルン” という展望台ですシャモニの “エイギーユ・ド・ミディ” よ
ヨーロッパアルプス

ゴルナーグラート ツェルマット 2

ゴルナーグラートから下りの途中で 登山電車で行く “ゴルナーグラート” は3000mを超える、ホテルもある第一級の展望台です。真下の “ゴルナー氷河” 越しに見る “モンテローザ” “リスカム” “ブライトホルン” をはじめ、38峰
ヨーロッパアルプス

マッターホルン ツェルマット

マッターホルン “ツェルマット” 谷を上り詰めた、行き止まりの街です。そこが、なぜ世界有数の山岳観光地になったのでしょう。それは “マッターホルン” があるからですよねあれは何でしょう? とても “山“ とは思えません。樹林帯があっ
ヨーロッパアルプス

インスブルック 2 山歩き

インスブルックの市街地から、ケーブルカーとロープウェイを2本乗り継いで、“ハーフェレカー” という展望台に登ることができます。初めて行ったときは、ケーブルカーの部分は歩き、ロープウェイを乗り継いで、標高2300m程の “ハーフェレ
ヨーロッパアルプス

インスブルック 国際友好都市

おおまぴょん 大町市の国際友好都市、オーストリアの “インスブルック” です。“イン川にかかる橋” という意味だそうです。ハプスブルグ家によって栄えた古い街です。大町の “にほんかもしか” とインスブルックの “アルプスマーモット”
ヨーロッパアルプス

モンタンベール “メール・ド・グラス“  シャモニ 

メール・ド・グラスの奥にグランドジョラス “シャモニ観光“ の、もう一つ目玉といえば、やはり市の中心から出ている “登山鉄道“ でいく “メール・ド・グラス” という大氷河です。20分ほどで展望台のある “モンタンベール”