上高地 熊出没

上高地からの “1月の穂高岳“ 

8月10日の “山の日” の前日の未明 “上高地” の “小梨平キャンプ場” で、テントがクマに襲われ、一人用のテントで寝ていた女性が、けがをしました

いままで、こんなことは見たことも、聞いたこともありません

小梨平キャンプ場には、一度だけテントを張ったことがあります

山に登る人間は、ふつうは、観光客の多い上高地でのキャンプは避けて、広くて、静かで、快適な “徳沢” のキャンプ場に行きます

そこは、むかしは牧場だったという、気持ちのいい草原で、上高地から水平な道を、ゆっくり1時間半ほど歩いていきます

上高地から “涸沢” への途中にあり、そこを通るたびに “こんなところでゆっくりテントを張ってみたい” と思わせるようなところで、私も何度か、テントを張ったことがあります

小梨平で一度だけ、テントを張ったことがあるというのは “正月明け” の5日から、3泊したことがあります

今では、冬の上高地は、特に中高年に大人気で、歩くスキーやスノーシューの、ツアーもあるくらいですが、当時は冬なんて、正月以外は、人っ子一人いませんでした

正月を避けて、新宿から、4日の夜行で出かけました

もちろん、道路は通行止めで “沢渡” から歩いていきます

“中の湯” からの “釜トンネル” は、閉鎖されており、人がやっと通れる入り口の、凍ってぶら下がった “むしろ” をめくって、真っ暗で、急斜面のトンネルの中を登っていきます

その時は、山に登る予定はなく、無人の上高地を、3日間歩きまわって、写真を撮りまくりました

全く静かで、人っ子一人いない贅沢な上高地を、ひとりで楽しむことが出来ました

10日の “山の日” には、大町の木崎湖の近くでもクマに襲われたらしいね

キャンプしていた女性が、散歩中に襲われたんだって・・・

あのへんじゃ、もはや驚かないよね・・・

熊が見つかるまで、上高地のキャンプ場は、営業中止だそうね

夜中に、テントごと引きずられていったというから、怖いわよね

テントは、250張りもあったそうだよ

それもびっくりね

“山の日” の前日だったからかしらね・・・イベントは、なにかあったのかしら・・・

散策する人たちも危ないよね

熊に出会ったら、いったいどうすればいいのよ・・・?

“カメラマン” としては、すぐにカメラを取りに行くよ!

なに、バカなことを言ってるのよ・・・ “死んだふり” でしょ・・・

ハーイ・・・!

コメント