“いーずら大町” PIC写真展 大町シャッタークラブ写真展

大町駅前から、まっすぐ伸びているメインストリートと言うべき本通りの中ほどに “いーずら大町特産館” があります

大町生まれの、地場産品の展示販売をしている“発信スペース”です

地酒やワイン、おやきやジャム・山菜、大町土産のお菓子から、木彫工芸品や紙すき和紙などを販売しています

飲食コーナーもあるようです

その2階に “ギャラリー・いーずら” という展示スペースがあります

文化の普及・発表などの活動を行うための、貸しスペースです

そんなに広いスペースではないのですが、貸し出しは、1週間で数千円程度なのだそうです

そこで “PIC写真展” “大町シャッタークラブ写真展” と、二つの写真展が、続けて開催されていました

どちらのクラブも、ときどき展示会をしているようです

“PIC” というのは “photo image club” の略なのだそうです

以前、立山室堂の “ホテル立山” で働いているとき、一緒にそこで働いていたおじさんが、このクラブに入っており、何度かこの写真展に来たことがあります

写真好きで、白馬駅のすぐ裏の一軒家に住んでいて、山の写真などを撮っていました

だいぶ会っていなかったのですが、話を聞いてみると、ずいぶん前に亡くなったということでした

続けて次の週に “大町シャッタークラブ写真展” があったのですが、こちらは招待のハガキが来ていました

以前見に来た時に、住所氏名を書いたのでしょう

こちらは、大町の人の集まりで、時々中央から講師を呼んで、勉強会をしているということでした

そして、ちょうどそこに “大町有線放送” の人が来ていて、話を聞かれ、録音もされてしまいました

もっと、突っ込んで写真について聞いてほしかったのですが、ボケもなく、当たり障りのない話だけになってしまいましたが・・・

白馬の写真好きのおじさん、もう亡くなっていたのね・・・

家にも来たことがあるし、もらった写真がまだあるわね

立山頂上の “大汝小屋” でも働いていたでしょ・・・

展示会は、ちょっと前に終わったらしいんだけど、大町にはもう一つ “ピンボケ写真倶楽部” というのがあるらしいよ

やっぱり、どこも発表の場が欲しいのね・・・

それにしても、ずいぶん安く借りられるのね・・・

もちろん、入場料を取ったり販売をしてはいけないらしいけど、個人でも借りられるそうだよ

大町出身の “鉄拳展” もやっていたわね

“いーずら” というのは、地元の言葉で “いいでしょ・・・” という意味ね・・・

どの辺まで、通じるのかしらね・・・

コメント