ブルックスブラザーズ

“ブルックスブラザーズ” が、経営破綻してしまいました

世界最古の紳士服ブランドで “アメリカントラディショナル” の代表ともいえるブランドでした

“リボンに吊り下げられた羊” のロゴは、60年代後半から、70年代、おしゃれな男の子のあこがれのブランドでした

この、アメリカントラディショナルは、当時の若者の、ただファッションだけでなく、暮らし方や、生活の仕方まで、多大な影響を与えました

日本では “VANジャケット” が “アイビールック” の代表として大人気でした

少ないお小遣いの中から “ボタンダウンシャツ” や “コットンパンツ” を買いそろえていました

今では、スーツを着ることは、ほとんどないのですが、今でも持っているスーツは “J・プレス” と “VANジャケット” です

何年か前、学生時代の集まりがあり、コットンパンツにボタンダウンシャツの上にトレーナーというごく普通の恰好で参加しましたが “学生時代と全然変わりませんね・・・! すぐにわかりましたよ・・・!” といわれて、うれしくなりました

髪は薄くなり、靴は “ローファー” じゃなくって、好きな “デザートブーツ” だったのですが・・・

コロナの影響もあるんだろうけど、残念だね

何年か前、ロンドンにあった “アクアスキュータム” も倒産してしまったわよね

学生のころ “日本武道館” や “科学技術館” でVANジャケットのバーゲンがあって、学校をさぼって行っていたよ

むかしは、そんなところでバーゲンをやっていたのね

その10年ほど前には “ビートルズ“ の公演を、日本武道館でやるのは反対だって声があったのにね・・・

“アーガイルのセーター” や “スタヂアムジャンバー” を買った記憶があるよ

定番ね・・・

“コットンパンツ” は、裾をさらに細くして、W幅も4cmにしてと、母親に頼んで、あきれさせていたよ

こだわりが、強いのね

今でも、どうしてもすそ幅の広いパンツははけないんだけど、最近また裾の細いパンツが主流になってきたね

私も、パンタロンや裾の拡がったGパンはダメだったわ・・・

“コート” だけは、VANジャケットの “ランチコート” も持っていたんだけど、目黒駅近くに本社のあった “ツバメコート” のトラッドな、ベージュの “ステンカラー” のコートを着ていたよ

わたしは “ハマトラ” や “ニュートラ” 大好きだったわよ

我が家からの爺が岳

コメント