庭じまい 令和2年 ななかまど

“庭じまい” という言葉があるのかどうか知りませんが、今年の庭じまいをしました

毎年、伸びた枝を落として形よくまとめます

今年も、もう一か月ほど前になるでしょうか、葉っぱが散って落ちる前に、伸びた枝を切って形を整えました

あとはまた来年の同じ時期まで、ほぼそのまんまです

そんなに広い庭ではありませんが、それでも木がけっこうあります

ハナミズキが3本、ならとクヌギが計5本、かえで類が数本、周りにどうだんつつじが十数本・・・

あとは、梅、姫リンゴ、オオデマリ、キンモクセイ、もくれん、プルーン、シャラの木、ハナカイドウ、はなもも、山椒、ムクゲ、ヤマボウシ、あとは名前の知らない常緑樹が2本など・・・

花は、バラが数本、あじさい、牡丹、黄梅、チューリップ、すずらん、ラベンダー、などなど・・・

これだけ茂っていると、どんだけ広い庭かと思いますが、実はたいしたことがありません

木は、すべてこじんまりと剪定して、手が付けられないような大きさにならないように、扱いやすい大きさにしてあります

剪定は、すべて自己流です

木の形を見ながら、木の周りをまわりながら、余分な枝を落としていきます

いやな作業ではありません・・・美術的感性とバランス感覚が試されます・・・

にわか “ガーデナー” です

形よく整ったときは、いい気分です

もうすでに、紅葉も終わり、葉も散ってしまいました・・・

ハナミズキの赤い実も、ヒヨドリが全部食べてしまいました

葉っぱが落ちて、鳥がよく観察できるようになりました

以前は “白樺” や “ななかまど” があったわよね

そうそう “ななかまど” で思い出したんだけど・・・

以前働いていた某 “品川プリンスホテル” で、和風居酒屋の “ななかまど” という店が、オープンすることになったんだけど・・・

ずいぶん昔の話でしょ・・・今は、もうないわよね

まわりのみんなが “ななかまど” ってなんだ・・・?って、どういう意味だって騒いでいるんだよ

だれも、知らなかったの・・・?

もちろん、ぼくは “涸沢” に通って、ななかまどの紅葉の写真を撮っていたから、よく知っていたんだけど・・・

この辺じゃ、街路樹でもよくあるわよね・・・

だれも知らないなんて、何のことだか分からないなんて、それを聞いてほんと笑ってしまったよ・・・

ありそうな話ね・・・

長野県の人は、知らない人はいないでしょう

いまでも東京の人は、あんまり知らないのかしらね・・・

シェアする
北アルプスが見えるところから

コメント