東京

東京ミッドタウン前のモニュメント

東京へは、ときどき出かけますが、交通機関という試練が、立ちはだかっています

1駅、2駅くらいなら、歩こうかと思うほどです

実際、歩いたほうが、早いかもしれません

東京は、20代・30代の元気のいいとき、20年ほど住んでいました。

その後、よくあるパターンで、都会に飽きて、“田舎暮らし” をしてみようと、縁もゆかりもない ”大町“ に住み着いてしまいました

東京の地理は、わかっています。

電車の接続や乗り継ぎもわかっています。

方向音痴でもありません。むしろ自信があります

しかし、大きな駅の構内に入ってしまうと、途端に方向感覚がなくなってしまいます。

その入り組んだ迷路のような通路と、行く手を阻む人の波に翻弄され、右も左もわからなくなります

迷っていると思われたくないので、見当をつけて進んでいくと、さらに深みにはまってしまいます

乗り継ぎの通路の長いことったら・・・

表示を見ながら右往左往、エスカレーターで、登ったり下りたり、同じところを、ぐるぐる “リングワンデリング” することになってしまいます。

そしてしまいには、改札の中にいるのか、外にいるのかも、わからなくなってしまいます

相当重症ね・・雪山じゃないんだから・・・駅の中で、遭難しないでよ!

ただの田舎のおじさんね・・・

サバイバルゲームのようだよ・・こうなったら開き直って、逆に楽しまなくっちゃ!

ひとりで、楽しみなさい・・・磁石も持っていけば・・・

そういえば、松本の “イオンモール” でも迷子になったって、聞いたわよ

そ、そんなことないよ・・・

絵画館と国立競技場

コメント