ハナミズキ

歌ではありません・・・

我が家の、庭の真ん中に咲いていて “シンボルツリー” となっている木です

出っ張った枝を、毎年落としてきたので、まんまるに、いい形になっています

もともと、そんなに大きくなる木ではないそうですが、この庭にちょうどいい大きさです

昨年の秋、きれいに紅葉したハナミズキを “ずっと眺めていられる・・・” と、書きました・・・

もちろん、きれいに花の咲いたこのハナミズキも、一日中だって、眺めていられます

焚火や薪ストーブの火を、ずっと眺めていられる・・・癒される・・・という人がいますが、同じです

天気のいい日、カメラを持って、正面のデッキの椅子に座ります

コーヒーかビールも、用意しておきましょう

今日は、ビールかな・・・

これは “発泡酒・・・?” らしいのですが、我が家では “ビール” と呼んでいます

真っ青な空に、新緑の葉っぱ、真っ白の花が、風に揺られてキラキラと輝きます

太陽が移動し、逆光になって、また風に揺られて輝きます

ああ~今日は、さわやかで気持ちがいい・・・ずっと眺めていられます・・・

何回、シャッターを切ればいいんだよ・・・

もう、1本いく?・・・ “ひとり花見” です

すぐ隣に、まだ少し小さい、ピンク色のハナミズキが咲いているんだけど、大きくなると、庭がさらに賑やかになるね

ハナミズキは、結構長い間、咲いているわよね・・・

あの白いのは、花じゃなくって、葉っぱの一種らしいわよ・・・

ハナミズキは “さくら” と交換で、アメリカから来たんだって

日本中の “さくら” は、今年びっくりしているだろうね・・・

“あれ~どうしちゃったの~?・・・” ってね

毎年、日本中大騒ぎをして “お花見” をしていたのにね・・・

今年は、だれも見に来ないなんて・・・だれも、さくらの下でお酒を飲まないなんてね・・・

“もう、あきられちゃったのかな~?・・・”とでも思っているのかな・・・

“そうじゃないよ・・・” 来年は “2倍” お花見をするからね・・・

シェアする
北アルプスが見えるところから

コメント