さくら 松本城 弘法山古墳 松本市美術館

松本城 3月31日撮影

この3月は、全国的に統計以来、最も暖かかったと発表されました

関東甲信地方などは、2月も史上最高だったそうです

そのため “さくら” も観測史上最も早い開花となり、2週間も早く咲き始めました

松本でもだいぶ咲いていて、週末はまた天気が悪くなりそうなので、行ってみることにしました

松本城に行ってみると、なんと行ったその日、3月31日に満開が宣言されました

松本城では、夜間はライトアップされており、開花してからしばらくと週末は “夜桜会” と “光の回廊” が開催され、無料で本丸庭園で、雅楽の演奏等を聞くことが出来るようです

そのあと、市街地にも近い、松本一の桜の名所 “弘法山古墳” にも行ってみました

まだ花見客は少なく、ソメイヨシノはまだ7分咲きくらいでしたが、枝垂桜と大ヤマザクラは見事でした

遠くに見える北アルプスは、黄砂で霞んでいましたが・・・

そして、いつものようにぶらぶらと徘徊して “松本市美術館” の前を通りかかると、なんと “観覧無料” と出ていました

“割引” と “無料” は大好きです 

当然のことながら、入ってみることにしました

松本市のキャンペーンで、この松本市美術館と、つい最近国宝に指定された “旧開智学校” が、3月は無料だったようです

このあとから美術館は、改修のため長期間休館になるそうで、その最後の日でした

この松本市美術館は、松本生まれの “草間彌生” の、常設展示館として有名です

すぐに草間彌生だとわかるような、特徴的な、水玉模様に代表される同一のモチーフの反復や、オブジェが有名です

ニューヨークへ渡り、あらゆる賞をとった人気の芸術家です

草間彌生は、幼いころから幻覚や幻聴に襲われ、それを絵に描き始めたということですが、現在も精力的に制作活動をしています

そしてこの美術館には “田村一男” の作品も常設展示してあります

地元の画家ではありませんが、信州の自然や山を、独特の画風で描いた作品は好みです

弘法山古墳のさくら

草間彌生がデザインした水玉模様の市民バスが、街の中を走っているよね

松本市美術館は、これから1年間もかけて、改修するのね

いちばん最後の日に入場出来てよかったわね

長野市の “長野県立美術館” は “東山魁夷館” は、やってたんだけど、本館はやっとこの4月10日に、3年以上の改修工事をおえて、リニューアルオープンするね

ずらして、改修工事をしたのね・・・

また、行かなくっちゃね・・・

松本市美術館 草間彌生のオブジェ

コメント