北アルプス国際芸術祭 久しぶりに “鷹狩山”へ 

10月の下旬の日曜日、雲一つない好天になりました

本当に久しぶりのいい天気なので、ちょっとやることもあったのですが、家にいるわけにはいきません

この夏は、ずっと家の “塗装” をやっていたので、あんまり出歩かず、鷹狩山も久しぶりです

山岳博物館の駐車場に行くと、日曜日でこれだけの好天なのに、それほど車が多くありません

登山者は、ぼちぼちいましたが、ゆっくり登り始めました

紅葉は、まだ少し早かったのですが、いつものように北アルプスは、雪をまとった写真のような絶景・・・です

そして今、大町市では、第2回目の “北アルプス国際芸術祭” が開かれており、大町市の各所で37の自由な “芸術作品” が展示されています

“パスポート” を買って見て回るのですが、そのうちの2つの作品が山頂にありました

第一回目の前回は、パスポートを買って、結構おもしろく見て回ったのですが、今回は、あまり盛り上がっていないようなので、パスしているところです

山頂の2つのうちのひとつは、芸術祭を代表すると言ってもいいくらいの “目” という作品で、これは前回もありました

“エッ・・・と” 驚くような、家を改造した大作で、とてもおもしろく興味深く見ました

もう一つは、展望台の中に展示されている小作品で、フリークライマーのアーチストのパフォーマンス作品でした

山頂付近は、この芸術祭の作品があるので、首からパスポートを下げている人や家族連れで、けっこう混んでいて、一番上の展望台は “密” な状態でした

いつもだと “あの山は何・・・?” “槍が岳ってどこ・・・?” と言っている人達に、丁寧に教えてあげるのですが、今回はおとなしくしていました

この天気では、作品よりも “北アルプス” の眺め、そのもののほうが人気なのも当たり前です

そして、山頂の駐車場は、第一も第二も満車ということでした

なので、山岳博物館の駐車場は、あまり混んでいなかったのでしょう

下りは、車道を下りましたが、けっこう車が登ってきていました

昨年は、紅葉の時期にいい天気が続きました

しっかり紅葉した時に、もう一度来なければいけません

今回は “北アルプス国際芸術祭” 見て回らないの・・・?

見ようかと、思っていたんだけどね・・・

コロナで、2度も延期されたし、盛り上がっているのかしらね

大作もあるようだけど、前回と同じような作品も多いようね・・・

音楽や演劇、食のパフォーマンスもやってるらしいわよ

芸術祭に付随したイベントやプロジェクトも、あっちこっちでいろいろやってるようだね

イベントをやるのは大賛成よ・・・どんどんやって

日本のあちこちで “芸術祭” は、開かれているようだけど、だんだん成熟していくといいわね・・・

展望台の中の作品

コメント