鷹狩山へ “コシアブラ” を採りに・・・

鷹狩山のコシアブラ

また鷹狩山へ、行ってきました・・・目的は “コシアブラ” です

“コシアブラ” ってカタカナで、いいのかな・・・?

何日か前に登った時には、まだ小さいのしかありませんでした

2,3日前から、なんだか背中が痛くて、動きたくなかったのですが・・・畑を、またいじったからでしょうか・・・

ちょうど時期だし、晴れていて、この先はまた天気が悪くなりそうなので、行ってみることにしました

5月3日です・・・山岳博物館は “さくら” が終わり、屋台が解体されたばかりなのですが、駐車場はいっぱいです

ずいぶん遠くからの車も止まっています

登り始めてすぐ、袋を手にしたおじさんが、下ってきました・・・コシアブラを採っていたようです

基本的に、男性に声をかけることは、まずありません

また、進んでいくと女性の2人組が、下りてきました

手に、ぱんぱんに膨らんだレジ袋を下げています

わかってはいますが “それ、なあに?・・・” と、声をかけてみました

満面の笑みで “コシアブラで~す” と返ってきました

内心 “採りすぎだろ・・・” と思いながら “すごいね~” と、余裕を見せますが、彼女たちの笑っている眼は “もうないわよ~” と言っています

登山道脇には、もう期待できないので、わき道を攻めることにしました・・・わき道も、熟知しています

“コシアブラ” は “ウド” や “タラの芽” と同じ仲間です

樹林帯にはありません・・・間伐されたような、明るい日当たりのいい場所にあります

山で “藪漕ぎ” をしているときや “タラの芽” を採るとき、かたい “タラの木” や “とげ” に苦労させられますが、コシアブラはとげもなく、木もやわらかいので、採るのも楽です

採っていると “ツン” と、コシアブラ特有のいい香りがします

狙い通り、山の中腹あたりで、けっこう採ることが出来ましたが、山頂付近は、まだ少し早いようでした

しばらくすれば、もう一度、採りに来ることが出来そうです

晴れてはいましたが、西側の “北アルプス” 上空には、厚い雲がかかっており、猛吹雪の様相を呈していました

その後のニュースで、遭難が相次ぎ、槍が岳付近では登山者3名が遭難したことがわかりました

適度な運動で、背中の痛みもなくなり、スマホの歩数計も、1万歩を軽く越えていました・・・

nに

“コシアブラ” や “タラの芽” は、スーパーや “道の駅” で売っているけど、けっこう高いのよ・・・

“フキノトウ” も売っていたわよ

山菜の王様といわれる “タラの芽” も人気があるけど、香りの強い “コシアブラ” のほうが好き・・・という人も多いわよ

写真の “フキノトウ” は、4月22日に、毎年採りに行く “大谷原” で、採ったやつで・・・“タラの芽” は家の庭の、すぐ横の斜面でとったものだよ

わたしは “フキノトウ” の天ぷらがいちばん好きよ

“フキ味噌” もいいわね・・・

コメント