薪ストーブ2

現在、近くの高瀬川、犀川、千曲川などで大規模な、河川内の樹木伐採が、行われています

昨年の、台風19号によって、長野県は、河川の氾濫による、大規模な浸水被害が発生しました

河川内の樹木は、洪水時に、流れの支障になったり、流れをせき止めて、川を氾濫させる要因となるため、現在あっちこっちで、集中的に伐採が行われています

伐採木は、処理場に持ち込むと,多大な費用がかかるため、利用希望者に、無償で配って、経費の削減をし、また資源の有効利用を図っているということです

あっちこっちで、無料配布されていることは、わかっていましたが、今度やっと、タイミングが合い、もらってきました

今まで、何十年も放置してたんでしょう

大木もあったからね・・・川の眺めが、一変したよね

通り道が、なくなって “熊” も困っているらしいわよ

台風19号があって、国の補助金が出たからなのね

“薪” が無料でもらえるのは、うれしいけどね

多く繁殖している “ニセアカシア” ハリエンジュは、“要注意外来生物リスト” にも指定されているらしいわよ

今回は “ニセアカシア” じゃなくって、“柳の木” が、多かったけどね

でもこの冬は、暖冬で、薪あまり使わなかったわよね

我が家からの “白馬鑓が岳”
シェアする
北アルプスが見えるところから

コメント