高瀬渓谷 紅葉 高瀬ダム1

高瀬ダムと紅葉

“上高地” へ行った後、さらに天気が続いていたので、今度は地元の “高瀬渓谷” の紅葉を見に出かけました

紅葉情報は “見ごろ” になっていました

紅葉の名所になっていますが、近くなので、わざわざ紅葉を見に行こうとは、今まで思っていませんでした

まず “大町ダム” の展望台に行ってみました

この大町ダム周辺から “七倉” までの渓谷沿いが紅葉の名所ということで、次々に車がやってきます

丁度見ごろの紅葉を眺めながら “七倉ダム” を過ぎて、行き止まりの七倉まで行きました

七倉は、ランプの宿で人気の “船窪岳” の登山口になっています

この温泉宿のある七倉の駐車場付近も、きれいに紅葉していました

ここが終点になっており、これから先さらに “高瀬ダム” へ行くには、タクシーで行くことになります

あとで聞きましたが、一台片道2200円だそうです

どの情報を見ても、歩いて行けるとは、ほぼ書いていません

6キロほどの登りで、歩こうという人がいないのかもしれませんが、歩いても行けます

・・・実は何度か歩いて行っています

ここは当然、健康もかねて、歩いていきます

ひとりで歩きだしたのですが、後ろから若い女性の5人組が来て、その日、ほぼ一日、ずっと楽しく一緒に行動を共にすることになりました

高瀬ダムは、石を積み上げた独特の景観をした日本一の “ロックフィルダム” で、右へ左へ大きくジグザグに、ダムを登っていきます

ダムの堰堤からは、グリーンの湖水と紅葉が見事です

天気が良くて、槍が岳の穂先も見えていました

ダムの右、濁沢を進むと、不動沢に長いつり橋がかかっていて、キャンプ場もあります

さらに花崗岩の崩れたザラザラの道を進むと “濁沢の滝” があります

この濁沢の滝と、この周辺の紅葉は一番の見所です

サルも、大騒ぎしています

昼食を摂り、同じ道をまた歩いて帰ります

今度は楽な下りで、また光の当たり方が違います

“七倉山荘” のお風呂に入ろうかとも思いましたが、久しぶりなので “高瀬館” の露天風呂に入って帰ることにしました

出費 葛温泉 高瀬館 700円

濁沢の滝と紅葉

高瀬館などの “葛温泉” は、大町の “大町温泉郷” や “木崎湖温泉” の源泉だよね

あと “仙人閣” と “かじか” という温泉宿があるわね

行ったことがないので、是非行ってみたいわね・・・

“濁沢の滝” 周辺の紅葉が、あんなに見事だとは知らなかったよ

ちょっと歩かなきゃいけないわね

濁沢は、花崗岩の崩壊した、白くてザラザラの砂礫の量がすごかったよ

高瀬ダムが埋まらないように、毎日トラックで運びだしてるのよね

ここから登った裏銀座のスタートの “烏帽子岳” も花崗岩だったわよね

不動沢のつり橋と紅葉・下は白い花崗岩の砂礫

コメント