デイープインパクト

“ ディープインパクト ” が死んでしまいました。まだ17歳でした。日本競馬史上、最高・最強の馬でした。

14戦、全騎乗した武豊騎手が、“ 走っているというより、飛んでいる ” といったその表現は、まさに名言、共感できます。

あの “ シンボリルドルフ ” に次いで2頭目の無敗3冠馬でした。

世界ランキングでも1位になりましたし、種付け料も、4000万円と世界一でした。

現在は、中央競馬の大きなレースを、ネットで見るだけになりましたが、東京にいる頃、ヒマな学生は “競馬と麻雀”、ヒマなサラリーマン?は “競馬とゴルフ” が話題の中心でした。

学生時代、北海道合宿のついでに、日高地方の牧場を見て回ったこともありました。

“馬” の写真なんて、撮ったことないから “コマクサ” で勘弁して

馬に関係あるから、まあいいわよ!               競馬の話になると力が入るのね 

強い馬は、名前もかっこいいわ!

コメント