大町市 美麻村 中山高原 大麻も・・・

中山高原 そば畑

前回のブログで、知人と美麻村新行の “美郷” というお蕎麦屋さんを訪れたことを書きました

美麻村は、大町市の北西部にあり、大町市から長野市へ行く県道が走っており、長野市に行くには、必ずこの村を通ることになります

大町市から、松本市に行くにも、長野市に行くのも、同じくらいの距離で、そんなに時間も変わらないのですが、なにしろ山の中を行くので、アップ・ダウンがあり直線でもないので、長野市へ行くのには、ちょっと躊躇します

道は、長野オリンピック道路なので、いい道なのですが・・・

いきなり、大町市から美麻村の高原に登っていくと、この前訪れたお蕎麦屋さん“美郷”のある“新行”地区なのですが、そのちょっと手前に“中山高原”があります

“中山高原” には、この辺では最も古い “大町スキー場” がありました

今は、そのスキー場の跡地が、オフロードバイク場になっており、県道の反対側は広大な“そば畑”になっています

そば畑の後ろには、遠くに北アルプスが見えていて、絶好の撮影ポイントになっています

同じ場所が、春には “菜の花畑” になり、カメラマンが絶えることがありません

NHKのドラマ “おひさま” の撮影地にもなりました

“中山高原” には “美麻珈琲” というちょっと人気のお店や、キャンプ場もあります

新行の公民館に車を止めて “権現山” に登ったことも、以前ブログに書きました

“美麻村” の名前の由来は、その名の通り、むかしは丈夫できれいな “麻” の産地だったということです

しかし数年前、大きな事件がありました

この辺は “限界集落” も多く、また都会からの移住者もぼちぼちいるのですが、その移住者の間で、麻は麻でも “大麻” を栽培して使用していたというのです

“ゆるやかな大麻のコミュニティー” が、形成されていたというので、大きなニュースになりました

たしか、20数名が逮捕されたのですが、名前が “美麻村” だったというので、出来すぎている・・・と話題になりました

また、美麻村では “クラインガルテン” という、市で運営している “滞在型市民農園“ があります

1年契約で “小屋” と付属の “畑” を借りて、滞在して畑を耕して生活するのだそうです・・・どちらが付属なのかわかりませんが・・・

大麻のコミュニティーではありませんが、滞在者のコミュニティーがあり、むかしはすごく人気があったのですが、今はどうなっているのでしょうか・・・

“美麻村” と、隣の “八坂村” は “山村留学” もやっているよね・・・

都会から1年間、小中学生が、ホームステイして学校に通い、この村で過ごすのね

まだ続いているのかなあ・・・

クラインガルテンと並んで、おもしろい制度だと思うんだけどね・・・

“中山高原” の “美麻珈琲” にも行ってみたいわね

以前、ブログにも書いたけど、大町市運動公園下の河川敷の伐採木の無料配布のとき “美麻珈琲” の人も来ていて、お話したことがあるよ・・・

美麻珈琲

コメント