大町から

地域のお話

大町から

ペンキ塗り 玄関前

今年の夏、屋根を張り替え、壁は塗装して、完全に外観リフォームしました家の壁は、すべて “キシラデコール” を、自分で2度塗りしましたしかし、まだ塗ってないところがありました平らなところ、歩くところです・・・玄関前のスペースとテラス
大町から

“ら” 抜き言葉

ちょっと前 “人流” や “肉汁” “コロナ禍とコロナ下” “間違いありません” など、最近違和感・気持ち悪さ、を感じている言葉について書きましたでも、ずっと以前から引っ掛かり、私だけでなく、社会的にも気になっている人が多いという
大町から

“蒲生邸事件” 宮部みゆき 

“東野圭吾” と並んで、今最も読んでいる小説家が “宮部みゆき” ですだいぶ前になりますが、出版界で、現在売れている作家と言えば “宮部みゆきとそれ以外” という出版社の人の言葉を聞いて、そんなに売れているのかと、読み始めました“
大町から

マスカレードホテル 映画 東野圭吾

庭のキンモクセイが、甘い香りを放っています “マスカレードナイト” という映画が、現在公開中だそうです“東野圭吾” の長編ミステリー小説の映画化です2年程前に製作された、第1作目の映画 “マスカレードホテル” の続編になっています“
大町から

パラリンピックが終わりました

13日間に及んだ “第16回夏季パラリンピック東京大会” が、終わりました9月5日、国立競技場で閉会式があり、オリンピック・パラリンピック、すべて終わってしまいました国際パラリンピック会長は “他の国ではできなかった、日本の貢献は
大町から

屋根張替え、ログ壁塗り、煙突掃除 終わりました

8月の終わり、足場も取り外して、やっと “屋根張替え” 工事が終わりました7月の終わりに足場を組んでから、一か月以上かかりました今年の梅雨時期には、線状降水帯が発生し、各地で土砂災害が発生しましたその梅雨明けを待って、足場を組んで
大町から

ベラルーシ オリンピック選手亡命

東京オリンピックに出場したベラルーシ代表の陸上の女性選手が、無事にポーランドに亡命することができましたその女性選手は、東京オリンピックで、出場経験のない1,600mリレーに急遽出場させられそうになり、その不満をインスタグラムに投稿
大町から

犯人が “間違いありません・・・”

そのほかにも、言葉の使い方について、テレビのニュース報道を見ていて、いつも違和感を感じる言葉と、報道の仕方がありますそれは、犯罪者が逮捕され、警察に “間違いありません・・・” と、犯行を認めた・・・という報道です犯人が犯行を認め
大町から

“コロナ禍” と “コロナ下”

“人流(じんりゅう)” や “肉汁(にくじゅう)” の気持ち悪さ、違和感とは、また意味合いが違いますが、最近気になっている言葉がありますそれは “コロナ禍(か)” と “コロナ下(か)” です・・・この2つを、混同している報道をよ
大町から

“肉汁” ってなあに・・・

だいぶ前になりましたが、ブログ “人流ってなあに・・・” で、今までに聞いたことのない “人流(じんりゅう)” という言葉の “違和感・気持ち悪さ” について書きましたコロナ以前、聞いたことのなかったこの言葉は、いまや、コロナ関連